ネットショップ

【無料】おすすめネットショップ作成サービス Top3【個人事業主向け】

専門知識なしでも手軽に開店できるネットショップは、忙しい個人事業主に代わって自動で営業・販売をしてくれる超便利ツールです。

でも、本当に専門知識なしでネットショップが作れるか不安ですよね。

そこでこの記事では無料ではじめられる3つのネットショップを実際に使って徹底調査しました。その結果、一番使いやすくてコスパの高いネットショップ作成サービスがわかりました。

\無料からはじめる/
\ネットショップ作成サービス比較表/

項目 初期費用 月額費用 手数料 Instagram連携 定期便機能 独自ドメイン SSL化 上位プラン 特徴 おすすめする人 公式リンク
base
BASE
無料 無料 売上の6.6%
+注文ごと40円
無料 無料 サブドメイン
のみ
無料 なし 開設実績No.1
追加機能が豊富
・パソコンは少し苦手
・独自ドメインを
使いたい人

・商品写真を
多く載せたい人
詳細を見る
stores
STORES
フリープラン
無料 無料 売上の5% 無料 無料 使用不可 無料 あり 最も初心者向き
独自ドメインの移管
不可のため注意
・パソコンが苦手
・とにかく費用を
抑えたい

・独自ドメイン
不要の人
詳細を見る
colormeshop
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 売上の6.6% 月550円 月3850円 可能 初期ドメイン:
無料
独自ドメイン:
月1100円
あり 中小企業向け
細かい
カスタマイズが可能
・パソコン歴あり
・サイトカスタマイズ
したい人

・メールや領収書を
カスタマイズしたい人
詳細を見る

結論!ネットショップ作成サービス Top3はこれ

結論から書くと、ベスト3は以下の通りです。

BASE
BASEのポイント

Instagram連携、定期便機能が無料

デジタルコンテンツ販売や数量制限といった追加機能が豊富、かつすべて無料

管理画面が直感操作できてわかりやすい


ネットショップ開設実績No.1!

パソコンが苦手な方でも十分にデザイン性の高いネットショップを作成することができます。
STORES
STORESのポイント

Instagram連携、定期便機能が無料

売上が上がってきたら上位プランにすることで月額費用を節約可能

手数料が最安



選択肢が少ないためBASEよりも簡単にショップを作成できます。

上位プランがあるのもBASEにはないポイントです。
カラーミーショップ
カラーミーショップのポイント

独自ドメインが使用可能

売上が上がってきたら上位プランにすることで月額費用を節約可能

HTMLやCSSでサイトのカスタマイズできる



2021年5月に新登場プリープランが新登場。

他のサービスと比べてカスタマイズ性が高いため、HTMLやCSSを使って独自のネットショップを作成することができます。

使いやすさ、わかりやすさから1位をBASE、初心者には少し難易度が高いカラーミーショップを3位とさせていただきました。

ただし、カラーミーショップは売上が10万円以上見込める場合は月額費用が節約できるメリットもあります。

つまり、どのサービスがいいのかは個人によって異なります

各サービスの特徴を見ていく前に、まずは失敗したいための選び方を解説します。

ネットショップ作成サービスの失敗しない選び方

ネットショップ作成サービスを選ぶときのポイントを4つ厳選しました。

  1. Instagramショッピング(ShopNow)と連携できるか?
  2. 月額料金はいくらかかるか?
  3. 定期便機能が必要か?
  4. 独自ドメイン(URL)をつけるか?

ITが苦手な方にとっては少し難しい話も含んでいます。全て理解できなくても大丈夫なので、まずはざっと読んでみてくださいね。

Instagramショッピング(ShopNow)連携できるネットショップを選ぶ

2022年、一番重視した方がいいのがInstagramショッピング(ShopNow)との連携機能です。

以下の図を見てください。

画像引用:SMMLab

半数以上の人がSNSをきっかけに商品を購入したことがあり、中でもInstagramの割合が60.7%と最も高く、5人に3人は商品を購入しています。

この傾向は海外でも進んでおり、日本もどんどんこの流れが加速していくと考えられます。

つまり、ネット販売をするならInstagram連携は必須と言って過言ではありません。

今回ご紹介しているネットショップはすべてInstagram連携可能です。ただ、Instagram連携できないネットショップもあるので、選ぶときに確認してみてくださいね。

月額料金はいくらかかるか?

月額費用についてもしっかり押さえておきましょう。

そもそも、ネットショップの運営費には売上にかかわらず発生する月額固定費月毎に変動する変動費に分かれます。

具体的には以下の通りです。

月額固定費

  • ネットショップ自体の基本料
  • オプション使用料

月額変動費

  • 売上決済手数料

それぞれ詳しく解説していきます。

月額固定費:ネットショップ自体の基本料

基本料はサービスの基本使用料金です。

料金帯は無料から月8000円以上まで幅広いです。

ポイントは基本料が高いプランほど、決済手数料が安くなること。

売上が10万円以上見込める場合は、有料のプランの方が決済手数料が抑えられてお得になることが多いです。

基本料が高いプランは使える機能が充実していたり、写真の保存容量が大きいといった特徴もあります。

月額固定費:オプション使用料

オプションとは追加機能のこと。

使いたい機能によっては、追加料金が発生する可能性があります。

どの機能を有料にしているかはネットショップ作成サービスにより異なります。

例えば先ほど紹介したInstagramショップ連携機能であれば、

  • BASE、STORES:無料
  • カラーミーショップフリープラン:月額550円

となっています。

つまり、Instagramショップ連携を無料で使いたい場合はBASESTORESといったサービスが合っている可能性が高いです。

機能を充実させたいならBASE、簡単にネットショップを作りたいならSTOREがおすすめ。

月額変動費:決済手数料

決済手数料は売上に対してかかる費用です。

決済手数料は使用するサービス・プランによって異なります。

一例を出すと、

  • STORESフリープラン:5%
  • STORESスタンダードプラン:3.6%
  • BASE:6.6% + 40円
  • カラーミーショップフリープラン:6.6% + 30円(Amazon Payは6.5% + 30円)

といった金額がサービスやプランの違いでかかります。

節約しながらネットショップを運用するポイント

節約しながらネットショップを運用するポイントは月額変動費である売上決済手数料です。

基本料が高いプランは決済手数料が低くなるため、売上が一定以上超えると、無料プランより有料プランの方が月額費用を抑えることができます。

以下はカラーミーショップの売上シミュレーションです。

売上10万円以上になると、フリープランとレギュラープラン(月額基本料3300円)でかかる費用が逆転することがわかります。

STORESやカラーミーショップといった上位プランがあるサービスの場合、無料プランでネットショップをはじめて、売上が上がってきたら有料プランに変更して月額費用を抑えることができます。

そのため、長期的にネットショップを運営するなら、プランの切り替えができるカラーミーショップSTORESが最適です。

サイトを細かくカスタマイズしたいならカラーミーショップがおすすめです。STORESはHTMLやCSSでサイトを調整することができません。

定期便機能が必要か?

定期便機能の使用料金は無料から月額3300円と、サービスごとに差が大きいです。

定期便機能とは
1週間ごと、1ヶ月ごとといった定期のサイクルで自動的に注文が入る仕組みのこと。
1回の注文で継続的な売上が見込めるのがメリットです。

そのため、定期便機能を使うかどうかであなたに合うサービスが異なります。

固定費は抑えたい、だけど定期便は使いたい。

そんなあなたは、無料で定期便を使えるBASESTORESといった定期便を無料で使えるネットショップ作成サービスが合っている可能性が高いです。

定期便を使いたいかどうかで最適なサービスが異なることを押さえておきましょう。

機能を充実させたいならBASE、簡単にネットショップを作りたいならSTORESを選ぶといいです。

独自ドメインをつけるか?

独自ドメインとは、「xxx.com」や「yyyy.co.jp」といったURLのこと。ネット上の住所とも言われています。

例えば、BASEで独自ドメインを使わないでネットショップを作成すると、xxxxx.base.shopといったURLになります。
これは、base.shopというBASEの独自ドメインの上で、あなたのネットショップを運営している形になり、ネットの世界ではあなた独自のURLとみなされません。

独自ドメインをつけておくと、

  • SEO対策になる(独自ドメインの方が検索した時に上位にきやすいと言われています)
  • ブランド効果が高まる(お店の名前が引き立ちます)
  • ショップ作成サービスを変えてもURLをそのままにできる

といったメリットがあります。

独自ドメインは、お名前ドットコムムームードメインといったドメイン管理サービスサイトで取得できます。

.comドメインは大体年間1500円くらいで購入できます。

ドメイン会社の選び方

お名前.comは、ドメインが安いです。しかし、余計な営業メールが結構飛んで来るので、面倒な方はムームードメインがおすすめです。

設定は面倒ですが、これからもっといいネットショップサービスが出てくるかもしれませんし、独自ドメインにして自由度を高めることをおすすめします。

個人事業主向けネットショップ作成サービス Top3

「選び方はわかったけど、具体的にどのネットサービスがおすすめなの?」という方に向けて、いよいよTop3を紹介します。

第1位:BASE

BASEはこんな人におすすめ

サクッとおしゃれなネットショップを作りたい方

独自ドメインを無料で使いたい方

商品写真をたくさん載せたい方

BASEの良い点

Instagram連携、定期便機能が無料

デジタルコンテンツ販売や数量制限といった追加機能が豊富、かつすべて無料

管理画面が直感的にわかりやすく、スマホでも使える。

デザインテーマにもよるものの、HTMLやCSSでカスタマイズも可能

「オプション機能は有料」というネットショップ作成サービスが多い中、すべての機能を無料で使えるというシンプルな料金体系はとてもわかりやすく高評価。

管理画面も直感的に使いやすく、パソコンが苦手といった方でも抵抗は少ないです。

デザインテーマによるものの、HTMLやCSSで一部調整を行うことも可能。細部にこだわって思い通りのデザインを作りやすくなっています。

BASEのイマイチな点

独自ドメインはサブドメインでないと使用できない

上位プランがないため、売上が10万円以上の見込みの場合は別サービスがおすすめ

独自ドメインも設定無料と思いきや、サブドメインでないと使用できません。

サブドメインとは

独自ドメインの前の部分に任意の文字列がついたドメイン(URL)のこと。
例えばあなたが独自ドメインとして、xxx.comというドメインを取ったとしても、BASEを利用する場合はそのドメインをそのまま利用できず、shop.xxx.comといった形で、xxx.comの前に任意の文字列を付ける形になります。

とはいえ、独自ドメインサービスは基本的には有料で提供されるのが普通なので、サブドメインでも無料でつけられるのは良心的です。

BASEの最もイマイチな点は、決済手数料が安くなるような上位プランがないこと。

他のサービスのように、ショップが軌道に乗っていない時は月額料金無料のプラン、売上が上がってきたら決済手数料を抑えられる上位プランにする、といったプランの乗り換えができません。

売上が10万円以上の見込みの場合は、カラーミーショップ、15万円以上ならSTORESの方が月額費用を節約できますよ。

とはいえ、BASEは管理画面の使い勝手の良さ、機能の豊富さで突出していますし、迷うならBASEを選んでおけば間違いないかなと思います。

\開設実績4年連続No.1/

第2位:STORES

STORESはこんな人におすすめ

パソコンがとても苦手。

とにかく費用を抑えたい。

独自ドメイン不要、Instagramや店舗経由で集客できる。

STORESの良い点

Instagram連携、定期便機能が無料。

決済手数料が最も安い。

最も初心者向き。スマホからでもネットショップを作成できるくらい、作成が簡単。

売上が15万円以上になったら上位プランに移行することで月額費用を節約可能。

STORESはパソコンがとにかく苦手でも、スマホを使ってネットショップを作ることができます。

反面、カスタマイズできる要素が少ないため、デザインで差別化したいという方には向いていません。

また、決済手数料が5.0%と業界最安値であることもポイントです。

STORESのイマイチな点

作成しやすい一方、デザインの細かい調整ができない。

フリープランでは独自ドメインが使用できない。

STORESは上位プランでも、HTMLやCSSでのデザイン調整ができません。

HTML/CSSとは

主にWebデザイナーやプログラマーが使用するWebページの記法のこと。これを書けるとサイトのデザインを細かく設定できる。

そのような玄人向けの機能がないことで、初心者へのわかりやすさにこだわっているネットショップサービスと言えます。

STORESで一番気をつけたいのは、独自ドメインの扱いです。

まず、月額無料のフリープランでは独自ドメインが使えません。

さらに、上位プランである月額2178円(税込)のスタンダードプランでは、独自ドメインを使用できるものの、STORESで取得した独自ドメインしか使用することができない点です。

独自ドメインのを取得するメリットの一つが、URLごとサービスを移動できることです。

しかし、STORESで取得したドメインはSTORESでしか使用できません。URLごとサービス移転することはできませんのでご注意ください。

とりあえず試しにネットショップをやってみたい、サクッと作って決済手数料も安く済ませたいのであれば、STORESが最適です。

\簡単に作れて決済手数料が最安/

第3位:カラーミーショップ

カラーミーショップはこんな人におすすめ

ネットショップを長期的に本格的に運用したい。

サイトを細かくカスタマイズしたい。

サブドメインでなく、独自ドメインを使いたい。

カラーミーショップの良い点

HTMLやCSSも使って細かいところまでサイトをカスタマイズすることが可能。

お客様へのメールテンプレートをカスタマイズできる。また、発注や発送メールのメール内容を個別に変えることも可能。

売上が10万円以上になったら上位プランに移行することで月額費用を節約可能。

カラーミーショップの最も大きなポイントは売上が10万円以上になったら上位プランに移行することで月額費用を節約可能という点です。

ショップを作る難易度はBASE、STORESよりも高いですが、長期的に見て費用を節約できるのはカラーミーショップの大きなメリットです。

なお、サブドメインではない独自ドメインを使いたいならカラーミーショップ1択です。

カラーミーショップのイマイチな点

Instagram連携が有料(月550円)。

定期便機能が有料(月3850円) ※1

※1 カラーミーリピートを利用

BASE、STORESでは無料であるInstagram連携と定期便機能ですが、カラーミーショップだと有料です。

さらに、定期便機能の場合はカラーミーリピートという別サービスを申し込んだ上で月額3850円かかります。

Instagram連携はともかく、定期便機能を使いたい場合、月額3850円を払い続けることを考えると、正直カラーミーショップ以外のサービスを使う方がいいかもしれません。

定期便を使わない本格的なネットショップを運用していく場合は、長期的に見て費用を節約できるカラーミーショップがおすすめです。

\長期的に見ておすすめNo.1/

迷うならBASEを選んでおけば間違いなし

この記事では無料ではじめられるネットショップ作成サービスTOP3を紹介しました。

ざっくりまとめると、

パソコンが苦手でも簡単にネットショップを作成できて、かつ、決済手数料が最も安いSTORES

ネットショップ作成の難易度は高いものの、売上が10万円以上になったら上位プランに移行することで月額費用を節約できるカラーミーショップ

STORESとカラーミーショップの間くらいで、適度にネットショップ作成が簡単で、適度にカスタマイズができるBASE、といったところかなと思います。

どうしても迷ってしまう、という方は、BASEを選んでおけば間違いないかなと思います。

BASEは適度なカスタマイズ性があり、あなたのブランドの個性を出せるデザインにもできつつ、パソコンが苦手な方でもわかりやすく操作できます。

項目 初期費用 月額費用 手数料 Instagram連携 定期便機能 独自ドメイン SSL化 上位プラン 特徴 おすすめする人 公式リンク
base
BASE
無料 無料 売上の6.6%
+注文ごと40円
無料 無料 サブドメイン
のみ
無料 なし 開設実績No.1
追加機能が豊富
・パソコンは少し苦手
・独自ドメインを
使いたい人

・商品写真を
多く載せたい人
詳細を見る
stores
STORES
フリープラン
無料 無料 売上の5% 無料 無料 使用不可 無料 あり 最も初心者向き
独自ドメインの移管
不可のため注意
・パソコンが苦手
・とにかく費用を
抑えたい

・独自ドメイン
不要の人
詳細を見る
colormeshop
カラーミーショップ
フリープラン
無料 無料 売上の6.6% 月550円 月3850円 可能 初期ドメイン:
無料
独自ドメイン:
月1100円
あり 中小企業向け
細かい
カスタマイズが可能
・パソコン歴あり
・サイトカスタマイズ
したい人

・メールや領収書を
カスタマイズしたい人
詳細を見る

ネットショップを作って、商品の販売を自動化しちゃいましょう!